ワキガ 改善

 

手術しなくてもワキガは隠せる!正しいやり方で対処しよう

度々話のネタにされることのあるワキガ。
周りからすればからかいの対象かもしれませんが、ワキガである本人にとっては深刻な問題です。

 

ワキガであるがために嫌われてしまったり、からかいが行き過ぎていじめのようになってしまったり、デメリットしかありません。

 

かと言って、手術するお金がない・・・何とかしてワキガを隠したい。
そんな風に考えている人はとても多いのではないでしょうか。

 

絶対にやってはいけないこととしては、香水や香り付きの制汗スプレーを利用することです。

 

良い香りをつければ臭いが紛れるのでは?と思われる人もいるかもしれません。
実際、つけた瞬間は良い香りがしてとても安心するでしょう。

 

しかし、時間が経つにつれて臭いと香りは混ざっていき、得も言われぬ悪臭になってしまいます。しかも、そのことには自分では気付きにくく、無意識に悪臭を撒き散らしてしまっている場合があります。

 

そうなってしまっては逆効果です。

 

ワキガを隠すためには、正しいやり方で臭いを少しでも少なくする努力をすることが大切です。

 

アポクリン腺を刺激せずにワキ毛をなくすことで臭いが緩和する

ワキ毛を処理すると、ワキの臭いが緩和します。
これはワキ汗の臭いの対処方法でもありますが、ワキガの臭いを抑える方法の1つでもあるのです。

 

ワキガの臭いの原因はアポクリン腺から出る汗が原因だと言われています。

 

本来、汗は無臭です。
しかし、アポクリン腺から出る汗にさまざまな臭いの原因が含まれてしまっている体質の人がいます。それが『ワキガ体質』なのです。

 

なので、ワキ汗対策同様、汗をかいて雑菌が繁殖して臭いの原因となることを抑えれば、臭いは緩和できます。

 

決してワキガの改善には繋がりませんが、「ワキガを隠す」目的であれば充分な手段です。

 

自分でワキ毛を処理する場合は、絶対に毛抜きで抜いて処理をしてはいけません。
毛を抜く時にアポクリン腺を刺激してしまい、ワキガがひどくなってしまうことがあります。

 

自分で処理するのであればカミソリで行いましょう。
しかし、できれば脱毛サロンで処理をしてもらうのが1番です。

 

最近では、お小遣い程度の価格でワキ毛脱毛をしてくれる脱毛サロンがありますから、費用もそこまでかかりません。
むしろ、カミソリで処理を続ける方が費用がかかるでしょう。

 

というのも、ワキ毛という1つの悩みがなくなれば、他の対処法にも注力できるからという理由が1つあります。

 

そして脱毛サロンでの脱毛処理は、『光脱毛』という脱毛が主流になっています。
これは毛を抜くのではなく、毛に光を当てて少しずつ毛が生えないようにしていくという脱毛のやり方です。

 

このやり方であればアポクリン腺を刺激することもなく、カミソリのように肌を痛めることもなく、キレイに処理をすることができます。

 

ワキ毛処理に費やすお金や時間をワキガ対策に使うことによって、ワキガの改善も早くなるかもしれません。

 

<<ワキのお悩み解決WEB、ワキ毛、ワキガ、黒ずみなど、脇のトラブル解消>>TOPへ