ワキ しこり 原因

 

ワキ毛処理が原因でしこりができることがある!?

夏になると、「ワキにしこりができている!」と慌てている女性の声がたまに聞こえてきます。

 

「しこりができる」と焦ってしまいますよね。大病であるガンの場合でもしこりができると言いますから「もしかして大病では?」と思ってしまいます。

 

しかし、もしあなたがワキ毛の処理を毛抜きで行なっているのであれば、それは毛穴の中に雑菌が入って化膿しているだけという可能性があります。

 

しこりが固く、押しても動く気配がないようなものの場合、病気のしこりの可能性があります。
化膿してしこりになっているものの場合は柔らかく、押すと動くような感じがして、更に痛みがあります。

 

もし痛みがなく固いしこりで、どんどん大きくなっていくようであれば病院で一度診てもらった方いいでしょう。

 

痛みのある柔らかいしこりの場合は、ワキを清潔に保ち、化膿止めなどを塗ることによって改善する場合があります。
もちろん、この時は毛の処理は行なわないでください。

 

化膿止めは薬局でも手に入りますが、あまりにも大きく膨れ上がっていたり、痛みがひどい場合はお医者さんで診てもらって、適切な薬をもらった方がいいでしょう。

 

徹底的に毛をなくしたいのであれば、毛抜きより脱毛サロンへ

化膿が治まってしこりがなくなってきたら、今後毛抜きでワキ毛処理をするのはやめるようにしましょう。
また同じ結果を招く可能性があります。

 

自分で処理をする場合、カミソリで剃る処理方法がベターです。

 

しかし、毛抜きでワキ毛を抜いて処理していたあなたは、ワキ毛を徹底的になくしたい派の人なのではないでしょうか?

 

カミソリで剃ってもすぐに生えてきてぶつぶつになる・・・ずっとキレイなワキでいたい・・・

 

そういう理由から、毛抜きでの処理を選択したのではないでしょうか?

 

その場合、毛抜きでの処理はやめて、脱毛サロンで処理をするようにしましょう。
最近の脱毛サロンでのワキ脱毛は非常に価格が安くなってきていますので、数回セルフ処理をする程度の値段で施術を受けることができます。

 

脱毛サロンでの脱毛は、ほとんどの場合で『光脱毛』という手段を用いて毛を処理します。
これは毛に光を照射して毛を弱らせ、生えないようにしていくといった仕組みの脱毛です。

 

他の処理のように、雑菌が入ってしまったり、しこりができてしまうという心配がありません。

 

そして時間はかかってしまいますが、毛をなくすことができます。時間的にも費用的にもかなりお得な選択肢だと思います。

 

<<ワキのお悩み解決WEB、ワキ毛、ワキガ、黒ずみなど、脇のトラブル解消>>TOPへ