ワキが黒い

 

なぜワキが黒ずむ?原因を考えて対処すれば皮膚科に行かなくても解決できる!

何だかワキが黒ずんでいる・・・?
せっかくワキ毛を処理したのに、こんなに黒ずんでちゃ思い切ってワキを出せない!!

 

最近では「半そでよりもノースリーブの方が腕が細く見える」という着痩せテクニックが広まり、ノースリーブの洋服を楽しむ人が増えました。

 

けれど、せっかくかわいいノースリーブの洋服を着て細見せしても、ワキが黒ずんでいたら意味がありません。

 

まず、なぜワキが黒ずむのか考えてみましょう。

 

ほとんどの人の場合、黒ずみの原因はワキ毛の自己処理だと言われています。

 

毛抜きで処理をした場合、毛穴の奥に皮脂汚れが詰まった状態になってしまっていたり、埋没毛になってしまっていたりということが考えられます。

 

埋没毛とは、毛を毛抜きで思いっきり引っ張ってしまったがために、縮んでしまった毛が毛穴の奥に入り込み、次に生えてくる時に表面に出てこず薄皮の下に生えてしまっている状態のことを言います。

 

では毛抜きではなくカミソリで処理すればいい?と聞かれると、これもNOです。
カミソリで処理を行なった場合、目には見えない小さな傷ができてしまったり、毛と一緒に表面の角質を削いでしまうことによって肌荒れを起こしてしまいやすい状態になってしまったりします。
結果、全体的に黒い感じになってしまうのですね。

 

まずは自己処理をやめよう!今後黒ずみを復活させないためには

こうなってしまった場合、まずやるべきことは皮膚科に行くことではありません。
皮膚科に行っても、あなたの望む解決は得られないでしょう。

 

まずはワキ毛の自己処理をやめることです。
同じ自己処理を続けていると、いつまで経っても黒ずみは取れません。どれだけピーリングをがんばっても、です。

 

自己処理をやめたら、顔に行うスキンケアのように優しくケアをしてあげましょう。
しっかりとあわ立てた石けんで優しく洗い、化粧水や乳液で保湿しましょう。
これを続けると黒ずみが消えることがあります。

 

これで消えた場合でも消えなかった場合でも、脱毛サロンでワキ毛の処理を始めると今後肌が良い方向に向かっていくでしょう。

 

そもそも、自己処理のダメージが原因で黒ずみが発生していたのですから、ワキ毛をなくしてしまえばいいのです。
そうすれば今後肌にダメージを与えることなく生活をすることができます。

 

また、黒ずみが取れなかった場合でも、プロである脱毛エステティシャンがケアの相談に乗ってくれます。

 

最近の脱毛サロンはワキ毛だけであれば格安のところが多いので、ぜひ訪れてみてください。

 

<<ワキのお悩み解決WEB、ワキ毛、ワキガ、黒ずみなど、脇のトラブル解消>>TOPへ