ワキが痒い 原因

 

カミソリ負けが原因でワキが痒くなることも・・・

夏になると、いつもワキがかゆい!なんて感じている人、いませんか?
もしそう感じている人の中で、カミソリでワキ毛を処理している人がいたら、一度やめてみましょう。

 

もしそれでかゆみが治まれば、間違いなくそのかゆみの原因は「カミソリ負け」です。

 

ワキ毛処理の方法の中で1番簡単なやり方はカミソリです。
なので、多くの女性はカミソリでの処理を選択していると思います。

 

これは決して間違いではありません。
ワキ毛を毛抜きで処理してしまうと、埋没毛や毛穴の炎症など、カミソリ負けよりも深刻な問題に悩まされてしまうこともあります。

 

しかし、このままちゃんとしたカミソリでのワキ毛処理のやり方を知らずに続けていくと、ずっとワキがかゆいままです。
人前でワキを掻くのってかなり恥ずかしいですよね。

 

ワキのかゆさを取り除くためには、カミソリ負けしないワキ毛処理をする必要があります。

 

まず、現在使っているカミソリの刃が古い、すべりが悪い、といったことを感じている人は、カミソリを変えるところから始めましょう。

 

こうしたカミソリを使ってワキ毛を処理すると、必要以上に肌を傷つけてしまったり、雑菌が入ってしまったりして、炎症、かゆみの原因になります。

 

また、少しでもしっかり剃るために毛に逆らって剃っている人がいたら、それもやめましょう。
こうして剃ると、毛に沿って剃るよりも肌へのダメージが大きくなってしまうのです。

 

少しでも生えてきたら剃る!という感覚で、頻繁に処理をするのも問題です。
剃る度に肌にダメージを与えることになっていますから、それが蓄積して肌トラブルの原因になります。

 

カミソリを使った正しいワキ毛処理法。

カミソリでワキ毛を処理する時は、まずキレイな刃のカミソリを用意しましょう。
使った後はキレイに洗ってしっかりと乾燥させ、少しでも「古くなってきた」と感じたら新しい刃に付け替えてください。

 

そして剃る時は、石けんやボディソープではなく、シェービングジェルやクリームなど専用のものを使いましょう。

 

石けんやボディソープで体を洗うついでに剃ってしまう人が多くいますが、これはやってはいけません。カミソリから肌を守ってくれる専用のものを使いましょう。

 

そして剃ったあとは、アフターケアもしっかりとしておきましょう。

 

しかし、こうしてキレイにケアをしたとしても、ワキ毛が生えてくるのを止めることができません。
どうしてもワキ毛が気になって毎日剃らずにはいられない!という人は、カミソリではなく脱毛サロンでのワキ毛処理がおすすめです。

 

<<ワキのお悩み解決WEB、ワキ毛、ワキガ、黒ずみなど、脇のトラブル解消>>TOPへ